高気密・高断熱住宅とパッシブデザイン

高性能(高気密・高断熱)住宅

夏は少ない時間のエアコンでも涼しく、逆に冬は暖房が無いの暖かい。
そんな高性能住宅「高断熱・高気密住宅」を野本建築は提供しています。

高気密・高断熱住宅とはいわば魔法瓶のような家です。魔法瓶は冷たい飲み物を冷たいまま、温かい飲み物を温かいまま長時間保存することができます。「高気密・高断熱住宅」の家もそれと似ており、短時間の冷暖房でより長い時間、室内温度を最適な保つことが出来ます

なぜ野本建築は高気密・高断熱住宅を選ぶのか?

野本建築は「住んで楽しい、遊び心のある家づくり」を目指しています。

例えば、

  • 1階から3階までの吹き抜け
  • こだわりの屋根裏部屋
  • リビングから仕切りの無いキッチン
  • ロフトスペースのある部屋

などなど。
でもそれらすべて一つ一つ実現しようとすると、空間を間仕切ったり、空気の流れが複雑になり、極端に寒いスペースや風通しの悪い空間が出てきてしまいます。

その解決策としてSW工法を使った高気密・高断熱住宅をご提案しています。
高断熱・高気密にすることによって空間の隅々まで一定の温度を保つことができると同時に、計画換気システムを導入し、常に室内の空気を新鮮な状態で保ちます。

それによってより自由な空間デザインを行うことができるのです。

高気密・高断熱住宅のメリット/デメリット

メリット

  • 家の中の温度を一定に保ちやすい
  • 省エネルギー
  • 結露が少ない
  • シックハウス防止
  • 24時間換気システムによって常にクリーンな空気を維持

デメリット

  • コストがかかる
    野本建築では施主さんのコストを抑える努力を惜しみません!
    また補助金の使い方や総コストを下げる提案が得意です!詳しくはこちら

パッシブデザインって何?

エアコンなどの機器を出来るだけ使わず、「自然の力」を用いて、快適な暮らしをしようとする設計思想・設計手法のことをパッシブデザインと言います。現在、スマートハウスで見られる様々なテクノロジーのシステムに包まれ、高気密、高断熱の住宅に暮らす人々の中には、快適ながらも、「もっと自然の恵みの光や風を肌で感じたい」と求める声も少なくありません。

「庭屋さんに頼むほどではないけど、どうせならエクステリアもちょっとこだわりたい!」

高気密高断熱住宅は自然の力をうまく活用することで、より快適でエネルギー効率に優れた住宅になります。
野本建築では住宅とエクステリアを包括的に考え、またデザイン性にも優れた提案をいたします。

テクノロジーを使いながらも、自然光や風を感じ、その恩恵をうまく住宅に取り込み、エネルギー消費を抑える家。野本建築が目指すのはそんな住宅です。

新築を考え中のお客様
リフォームを考え中のお客様
資金計画について考え中のお客様
よくあるご質問
愛知SW会
わが家見なおし隊
LIXIL
HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY 2014